不妊治療「ママになりたい方」

不妊治療「ママになりたい方」

子宮内膜症と不妊

子宮内膣症と不妊 不妊症の原因は様々ですが子宮内膜症もその一つです。もちろん内膜症にかかっていても妊娠する人はいます、 しかしながら内膜症の二人に一人が不妊症を併発しているとも言われています。
不妊と内膜症との因果関係についてはよく分かっていませんが、 内膜症により卵巣の周辺で癒着が起こり排卵された卵子が卵管采によってうまく取り込めなかったり、卵管自体が閉塞を起こすと不妊の大きな原因になります。 こう言う事から私は妊娠を望まれる方は内膜症の治療を最優先にされたほうが良いと思います。 鍼灸治療はこの場合クリニックに於ける薬物療法の補助的役割となります。また鎮痛剤をあまり使いたくない場合などにもお役に立てると思います。 婦人科による治療と東洋医学の併用で骨盤内の臓器を健康にして子宮にフカフカのベットを用意して着床を待ちましょう。

《 子宮内膜症の特徴的自覚症状 》

1. 激しい生理痛
2. 生理期以外の骨盤痛(下腹部痛・腰痛)
  • 性交痛
  • 排便通
3. 不妊
《 鍼灸治療のご提案 》
事例
治療回数
当院治療の内容
子宮内膜症 生理周期に合わせて週一回、痛みがひどい場合、生理一週間前は一日おきに治療致します。 当院基本処置
随症処置

Page Top↑