産後「ママになった方」

産後「ママになった方」

初産腱鞘炎

初産腱鞘炎 新米ママの育児において、しばしば見られるトラブルの一つに 親指周辺の痛みがあります。正式な病名ではありませんがこれを初産腱鞘炎と呼びます。

腱鞘炎とは、腱鞘(靱帯)がトンネル状に腱を覆っている部分で炎症を起こした状態の事で、 初産腱鞘炎の場合は親指を動かす筋(短拇指伸筋・長拇指外転筋)の腱が親指の付根付近にある腱鞘を通る部分で炎症を起こしています。 毎日何度となく行う授乳や沐浴などで大事な赤ちゃんの頭を支えるという動作を繰返すことにより起きてしまうのです。
東洋医学において腱鞘炎は肝経の病といわれています。この肝経とは、東洋医学における『肝の臓』 に関係する経絡で筋肉や腱と深いつながりを持っています。これは筋が肝の滋養に頼っているからです。 肝が充実し筋がその養いを得る事が出来れば筋肉や腱、関節は支障なく働く事が出来るのです。 また肝経は次に肺経という経絡に交わります。そして肺経は次に同じグループに属する大腸経という経絡に交わるのです。 この肺経・大腸経の走行する手首の部位が初産腱鞘炎の痛みの部位なのです。
当院の治療は先ず肝経の気の流れを整え、痛みの出現している肺経の経渠穴や大腸経の陽谿穴や偏歴穴を中心に施鍼をし、 圧痛部位に温灸の一種である知熱灸を行い表面の熱を取り炎症を鎮めます。 腱鞘炎は使い過ぎにより起こります。そして手は必ず毎日使うものです、チョト変だな?痛いなッ! と感じたら氷や冷湿布で冷やしましょう、そして痛みのある腱を軽くストレッチして下さい。 それでも痛みが引かない場合は速やかに治療を受けましょう、腱鞘炎はこじらすとなかなかいたみが引かないものです。
授乳は赤ちゃんとのとても大切なスキンシップの一つです、授乳をするたび母と子の絆が深まってゆくものです。 その喜びの時間であるはずの授乳が痛みの為にストレスとならないようにしたいものです。

 

Page Top↑