産後「ママになった方」

産後「ママになった方」

乳腺炎

乳腺炎 出産の後は、母体のホルモンバランスも、生活そのものも大きく変化する時期です。育児スタートの象徴ともいえる授乳は、 それ自体が子宮の回復にもつながり、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても大切なひととき。だからこそ、 お乳のトラブルがみつかったら、なるべく早く対処して、上手にのりきりたいものです。 今回は乳腺炎をとりあげますが、大きく分けて次のように2つのタイプがあります。

《 うっ滞性乳腺炎 》
■原因 乳管が十分開いてなかったり、粘り気のある初乳でふさがれてしまい、母乳が作られる一方でうまく出せないために起こる。 赤ちゃんの吸う力もまだ弱いことが多く、それが影響しているケースも。
■時期 出産後数日目ぐらいから、というように、比較的早期からのことが多い。
■症状 乳汁の通りをよくすることが治療なので、次の3点からのアプローチを。
A:乳管を開かせる→開口マッサージ
脇から乳房を寄せ、乳輪のやや外側を、親指と人差し指でつかみ、乳頭の方向へつまみ出す感じで絞る。 乳輪の円周のいろいろな向きから行う。母乳のにじむ場所の本数が増えてくればしめたもの。
B:乳汁をためない
3時間以内ぐらいの間隔で、トラブルのある側からコンスタントに授乳し、飲み残しは搾乳する。赤ちゃんがうまく吸いつけない時、乳頭が痛い時も搾乳しておく。 必要に応じて、乳頭キャップなどの道具を使うとよい。乳房の張りや痛みが激しい時は一時的に冷やすことも。状態によっては水分のとりすぎを控え、 過剰な乳汁の産生を防ぐ。
C:つまりの防止策
食事に注意して、乳汁の「質」の変化を促す。揚げ物や甘い物などの高カロリー食品、お餅などを控える。
母乳のたまった状態が続くと、感染の原因にもなります。ケアのときは手や胸を清潔にすることを忘れずに。
《 化膿性(感染性)乳腺炎 》
■原因 乳房内に最近が感染して起こる。乳頭などにできた傷から感染することが多い。
■時期 出産後2,3週以降のことが多い。赤ちゃんに歯が生える5、6ヶ月以降に発症するケースもある
■症状 悪寒がして、38度以上の熱が出る。乳房が赤く腫れ、ほてって痛む。この状態が続いて膿瘍ができると、 わきの下のリンパ節が腫れて痛んだりもする。乳汁に膿が混ざる場合も。
■対処 授乳を中止し、抗生物質による治療を受ける。乳頭を清潔に保ち、乳汁はそのつど絞っておく。

《 産後のケアと鍼灸 》

上記の乳腺炎の対処法にも記したように、感染性の炎症などの場合は、西洋医学のほうが早い効果が得られます。一般的に、 検査データとして結果が出にくいような不調の場合、東洋医学の得意とするところです。例えば乳腺炎や母乳不足の場合の鍼灸治療というと、 お乳に鍼を刺されるのだろうか?と、考えただけで怖くなってしまう方が多いのではないでしょうか?実際このような場合は、両方の乳頭の真ん中、 だん中というツボに温灸をしたり、背中側から、肩甲骨の付近に軽い鍼をしたりして、筋肉のこりをほぐし、血行をよくしていくやり方がポピュラーです。 身体に負担のない姿勢で、肌の露出などにも配慮して施術していきます。使うべきときには薬を使わなければいけませんが、鍼灸は、妊娠、 出産にかかわる時期には特に、身体に優しい治療法として、お役に立てるものと考えております。同じ産後でも、分娩の状況や元々の体力、 生活環境その他で体調は人それぞれ。東洋医学の理論で診たてることで、お一人お一人に合った治療ができるのです。

Page Top↑